日焼け止めをぬる量が少ないと、紫外線を防げず顔がたるむ

紫外線は、顔のたるみができる大きな原因です。

 

紫外線対策をせずに外に出ると、肌の老化が早まり、若くても顔のたるみがあらわれやすくなります。

 

紫外線は、私たちが思っている以上に老化を早める天敵です。

 

今回は、なぜ紫外線が肌の老化を早めるのかと、日焼け止めを選ぶ時の大切なポイントについてお話ししますね。

 

紫外線は、真皮のコラーゲンを傷つけて、顔のたるみやしわを作る

 

いくつになってもたるみ知らずの小顔で、若々しい見た目年齢を保ちたい人は紫外線対策が必須」です。

 

紫外線はUVAUVBがあり、どちらも顔のたるみやしわが出来る原因になります

 

UVA⇒肌の奥の真皮まで到達して、コラーゲンを傷つける(顔のたるみやしわの原因)

UVB⇒エネルギーが強く、肌の表面を赤くヒリヒリさせ細胞を傷つける(シミや皮膚がんの原因)

 

UVAは、雲や窓ガラスを通り抜け、UVBの約20倍以上も降り注いています。

 

なので、残念ながら自動車や電車、部屋の中にいても安心はできません。

 

顔のたるみやしわを予防したり、悪化させたりしないためには、UVAとUVBが肌に直接当たらないようにすることが大切です

 

 

紫外線を防ぐ日焼け止めの選ぶときのポイントは3つ

 

紫外線を防いでくれることで有名なのが日焼け止めです。

 

しかし、ドラックストアや百貨店に行くと、色んな種類の日焼け止めがあってどれを選んでいいのか分からない人もいますよね。

 

紫外線をしっかり予防する日焼け止めが欲しいという人のために、選ぶときの3つのポイントについてお話ししますね。

 

 

1 日焼け止めを選ぶときに、SPFPAを確認する

 

SPFは、UVBのカット効果を表す表示です

 

肌に何もにぬっていない状態と比べて、赤くヒリヒリするまでの時間を何倍にのばせるかを数字で表したものです。

 

例えば、表示がSPF10なら約10倍も肌が赤くなるまでの時間をのばせるという意味になります。

 

 

PAは、UVAのカット効果を示す表示です

 

女性の中でもSPFだけで日焼け止めを選ぶ人が増えていますが、実はPAを確認するのも重要なんですよ。

 

「+」の数でUVAカット効果の強さをあらわしています。

 

「+」は少し効果があり、「++」は効果がある、「+++」はとても効果があるという意味があります

 

 

2 紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めを選ぶ

 

紫外線吸収剤とは、UVAやUVBを吸収する化学物質のことです。

 

紫外線を吸収すると、肌の上で化学変化を起こして悪影響を和らげてくれます。

 

代表的は成分は、UVAを吸収するパルソールメギゾリルSX、UVBを吸収する桂皮酸(けいひさん)オキシベンゾンなどがあります

 

敏感肌の人は、紫外線吸収剤配合されている日焼け止めを使うと、肌に刺激になる可能性があります

 

なので、紫外線吸収剤不使用」、「紫外線吸収剤フリー」、「ノンケミカル」などと書いてある日焼け止めを選ぶといいですよ

 

 

そこでおススメなのが、紫外線散乱剤」が使われている日焼け止めです。

 

紫外線散乱剤とは、UVAやUVBを肌の上で反射させる物質のことです。

 

代表的な成分は、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン、タルクなどがあります

 

紫外線散乱剤は、吸収剤に比べて肌にやさしいです。

 

夏はとくに日焼け止めを毎日使う人が増えるので、肌を守るためにもぜひ試してみてくださいね。

 

 

3 クリームタイプ乳液タイプの日焼け止めを選ぶ

 

ローション、スプレー、ジェルタイプなどの日焼け止めは、使い勝手がよく女性にとても人気です。

 

しかし、これらの商品のほとんどは、残念ながら紫外線吸収剤が使われています。

 

クリームや乳液タイプの日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤が含まれていないので肌を守りたい人にはオススメです。

 

 

日焼け止めを塗る量が少ないと効果がなくなる

 

日焼け止めは、いくら良い商品を使っていても塗る量が少ないと効果が得られなくなってしまいます

 

例えば、SPF20の日焼け止めを使っても、塗る量が少ないとSPF10くらいまで効果が半減してしまうんです。

 

確実に日焼け止めの効果を得るには、クリームタイプはパールの粒2個分、乳液タイプは500円玉くらいの量を顔にぬるのがベストです

 

パール粒2個分や、500円玉の量って凄い多いですよね。

 

でも、実際に女性が使っている日焼け止めの量は、規定量の半分以下しか使っていないことが明らかになっています。

 

 

もし、日焼け止めをたくさんぬって、顔がベタつくのが苦手な人は頬骨の部分だけ少し厚めにぬってみてくださいね。

 

頬骨あたりを厚塗りすると、紫外線によってできるシミを予防することができますよ。

 

 

今回は、なぜ紫外線が肌をの老化を早めるのかと、日焼け止めを選ぶときのポイントについてお話ししました。

 

顔のたるみやしわを予防したり、悪化させないためには、決められた量の日焼け止めを肌にぬることがとても大切です。

 

規定量の日焼け止めをぬることで、しっかり紫外線を防ぐことができるので、アンチエイジングに興味のある人は試してみてくださいね。

顔のしわやたるみ改善に効果的なイチオシエイジング化粧品ランキング

Coyori(こより)美容液オイル

Coyori(こより)美容液オイル

厳選された4種の植物オイルと、20種の和漢・植物エキスで、モッチリしたハリを実感!

日本の女性の皮脂に合うように配合された100%天然・4種の植物オイルが、皮脂を補いふっくらとしたツヤ肌に導いてくれます。 さらに、20種の和漢・植物エキスが肌にハリとうるおいを与え、つい触りたくなるようなモッチリ肌を体験できます。

コンシダーマル スキンライズローション

コンシダーマル スキンライズローション

世界初の技術「ラメラテクノロジーR」を使用。

角質層の奥まで美容成分を浸透させ、ラメラ構造の乱れを整えます。ずっとうるおいが持続し、モチモチの赤ちゃん肌へ。

メディプラスゲル

メディプラスゲル

1本で化粧水、美容液、乳液、クリームの4役をしてくれる「オールインワン」だから、スキンケアが超簡単!

1300年前から美肌の湯として有名な「玉造温泉水」や、5種類のヒト型セラミドなどの66種類の美容成分のうるおいベールが、1日中あなたの肌を包み込みます。


30~40代の女性に人気のエイジング化粧品 評価一覧

30~40代の女性対象のエイジング化粧品を独自で評価し、総合得点でA++からB-までをー覧にしました。

 

 

 

 

当サイト人気No.1エイジングケア美容液

Coyori(こより)美容液オイル子より美容液オイル

厳選された4種の植物オイルと、20種の和漢・植物エキスで、モッチリしたハリを実感!

人気エイジングケア化粧品
サイト内検索
今月の注目記事
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです

プロフィール
運営者:ももの
ももの
ご訪問ありがとうございます。

いつまでも肌がキレイで美しい女性を目指し、 アラサー女子のツヤ肌マスター「ももの」が、 美容にこだわり、楽しみながらキレイを目指すブログです★ どうぞよろしくお願いします(*^-^*)

もものの詳しいプロフィールはこちら
さらに詳しいプロフィール
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ