乳液とクリーム、両方使った方がいい?これらの正しい使い方とは

あなたは、乳液とクリームの両方を使った方がいいのか、どちらか一方を使った方がいいのか悩んでいませんか?

 

実は、30代と40代では使うものが違ってくるんです。

 

そこで今回は「乳液とクリーム、両方使った方が効果的?と、これらの正しい使い方」についてお話ししますね。

 

どちらを使った方がいいのか分かると、より若々しいキレイな肌へと導くことができますよ。

 

 

乳液の正しいつけ方

 

30代までは、皮脂の分泌量が充分にあるので、油分を補う乳液やクリームは必要ありません

 

しかし、40代に入ると、顔の水分だけでなく油分も不足するので、乳液かクリームを使ったケアが必要になってきます。

 

だからといって、乳液とクリームの両方を使う必要はありません。

 

乾燥した部分に油分を補いたい場合は、油分の多いクリームを使うと効果的ですよ。

 

※肌をやわらかくなめらかに保つ、乳液とクリームの選び方はこちら

乳液やクリームは何歳から必要?これらを使う意味とは

 

 

肌の保湿のために乳液を使いたいという人も多いですよね。

 

そんなあなたに、「若々しいキレイな肌を保つための、正しい乳液のつけ方を紹介しますね。

 

最近の乳液は、肌になじみやすいものが多いので、つけるときに余り強くこすらずに、優しくなじませるようにするといいですよ。

 

1 手のひらに適量とって頬へ広げる

乳液の取扱説明書に書かれている適量を手のひらにとったあと、両手のひらにのばし、頬から広げてなじませていきます。

 

2 細かい部分にもていねいに

目のまわりや口元などにもていねいにのばしていきます。

ただし、テカリがちな人は、額や小鼻などのTゾーンは控えめにしておきましょう

 

(引用元:正しいスキンケア事典)

 

 

乳液をつけるときにやりがちな2つのNG行動

 

次に、乳液をつけるときに、ついやりがちな2つの間違った行動を紹介しますね。

 

今から紹介する2つの行動を続けている人は、肌が傷ついたり、老化している可能性が高いので要注意です。

 

強くこすったりすりこんだりしてつける

肌への摩擦は、角層を傷つけるので絶対にNG

強くこすったり、すりこんだりしなくても、ちゃんと浸透するのでご安心を。

 

テカリがちな部分にもたっぷり塗っている

皮脂分泌が多くテカリがちな部分に油分を与えすぎると、皮脂が詰まってニキビなどの原因になることがあります。

 

(引用元:正しいスキンケア事典)

 

乳液をつけるときに、思いっきり肌をこすると、顔のしわやシミ、たるみができやすくなり、若々しい肌とは無縁になってしまいます。

 

なので、乳液をつけるときは、こすらないように優しくなじませるようにすると、若々しいキレイな肌を保てますよ。

 

 

クリームの正しいつけ方

 

今度は、「若々しいキレイな肌を保つための、正しいクリームの塗り方を紹介しますね。

 

クリームは、油分が多いので、顔の皮脂の分泌が少ない部分にぬると効果的です。

 

20~30代は目元や口元に、40代以降の人はこれらにプラスして、乾燥しやすい部分にぬるといいですよ。

 

普段から、鏡で顔のどこの部分が乾燥しいやすいかを観察すると、クリームをぬる所がわかるようになりますよ。

 

1 目元や口元にピンポイントで塗る

適量のクリームを薬指にとり、皮脂腺の少ない目元や口元に、薬指でやさしくなじませていきます。

(目元や口元のほか、皮脂分泌があまり感じられない部分には、同じ要領で適宜つけていきます)。

 

2 薬指でトントンとなじませて

目元や口元などの皮脂腺の少ない部分にだけ塗りたいので、ほかの部分に広がらないように薬指でトントンとやさしくたたくようになじませましょう。

 

(引用元:正しいスキンケア事典)

 

 

クリームをつけるときにやりがちな2つのNG行動

 

最後に、クリームを肌につけるときに、やりがちな2つの間違った行動についてお話ししますね。

 

乳液と同じように、これらの行動を続けていると、ニキビができたり肌の老化が早まったりするので、気をつけてくださいね。

 

強くこすったりすりこんだりしてつける

こする、すりこむなどの行為は、肌への刺激となり、角層を傷めかねません!

 

大量につけすぎ

皮脂分泌の少ない部分にのみつければ充分

つけすぎると、テカリなどの原因になってしまいます。

 

(引用元:正しいスキンケア事典)

 

 

まとめ

 

今回は、「乳液とクリーム、両方使った方が効果的?と、これらの正しい使い方」についてお話ししました。

 

30代までの女性は、皮脂の分泌量が充分にあるので、乳液やクリームは使わなくても大丈夫です。

 

しかし、40代以降になると、顔の水分だけでなく油分も不足してしまうので、乳液やクリームを使ったケアが必要になってきます。

 

 

だからといって、乳液をクリームを両方使う必要はありませんので、安心してくださいね。

 

乾燥した部分に油分を補いたいときは、油分の多いクリームを使うと効果的ですよ。

 

保湿のために乳液をつけたり、油分を補うためにクリームをぬったりするときは、肌を強くこすらないことが重要です。

 

若々しいキレイな肌を保つためにも、ていねいに優しくつけるようにすることと意識してみてくださいね。

 

今回も、Nomore 顔のたるみの記事を読んでくださってありがとうございます。

顔のしわやたるみ改善に効果的なイチオシエイジング化粧品ランキング

Coyori(こより)美容液オイル

Coyori(こより)美容液オイル

厳選された4種の植物オイルと、20種の和漢・植物エキスで、モッチリしたハリを実感!

日本の女性の皮脂に合うように配合された100%天然・4種の植物オイルが、皮脂を補いふっくらとしたツヤ肌に導いてくれます。 さらに、20種の和漢・植物エキスが肌にハリとうるおいを与え、つい触りたくなるようなモッチリ肌を体験できます。

コンシダーマル スキンライズローション

コンシダーマル スキンライズローション

世界初の技術「ラメラテクノロジーR」を使用。

角質層の奥まで美容成分を浸透させ、ラメラ構造の乱れを整えます。ずっとうるおいが持続し、モチモチの赤ちゃん肌へ。

メディプラスゲル

メディプラスゲル

1本で化粧水、美容液、乳液、クリームの4役をしてくれる「オールインワン」だから、スキンケアが超簡単!

1300年前から美肌の湯として有名な「玉造温泉水」や、5種類のヒト型セラミドなどの66種類の美容成分のうるおいベールが、1日中あなたの肌を包み込みます。


30~40代の女性に人気のエイジング化粧品 評価一覧

30~40代の女性対象のエイジング化粧品を独自で評価し、総合得点でA++からB-までをー覧にしました。

 

 

 

 

当サイト人気No.1エイジングケア美容液

Coyori(こより)美容液オイル子より美容液オイル

厳選された4種の植物オイルと、20種の和漢・植物エキスで、モッチリしたハリを実感!

人気エイジングケア化粧品
サイト内検索
今月の注目記事
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです

プロフィール
運営者:ももの
ももの
ご訪問ありがとうございます。

いつまでも肌がキレイで美しい女性を目指し、 アラサー女子のツヤ肌マスター「ももの」が、 美容にこだわり、楽しみながらキレイを目指すブログです★ どうぞよろしくお願いします(*^-^*)

もものの詳しいプロフィールはこちら
さらに詳しいプロフィール
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ