乳液やクリームは何歳から必要?これらを使う意味とは

あなたは、乳液やクリームがどんな目的で使われるか知っていますか?

 

実は、肌を柔らかくなめらかに保つための「あるもの」を補うために使用します。

 

「あるもの」とは、何かとても気になりますよね。

 

そこで今回は、「乳液やクリームを使う目的と、何歳から必要なのか」詳しくお話ししますね。

 

乳液やクリームを使う本当の意味を知れば、いつものスキンケアをより丁寧に行いたくなりますよ。

 

乳液やクリームを使う目的とは?何歳から使った方がいいの?

 

スキンケア商品として乳液やクリームは有名ですが、意外と使う目的を知らずに使用している女性が多いです。

 

乳液やクリームを使う意味は、「顔の足りない油分を補うこと」

 

皮脂の分泌量が充分な30代の女性までは、しっかり保湿ができていれば油分を補う必要がないので、乳液やクリームは必要ありません

 

 

しかし、40代を迎えると、顔の水分だけでなく油分も不足します

 

なので、不足した水分や油分を補うために、セラミドやスフィンゴ脂質などの配合美容液を顔全体につけてから、そのあと乾燥しやすい目元や口元に乳液やクリームを重ねることが必要になってきます。

 

セラミドやスフィンゴ脂質などの保湿成分は、肌の水分をしっかりキープし、乳液やクリームで必要な油分を補うと、肌をやわらかく、なめらかにしてくれるんです。

 

とくに動きの激しい目元や口元には、美容液+乳液やクリームのケアは有効ですよ

 

 

効果的な乳液の選び方とは

 

乾燥を防ぐために、乳液を使いたい場合は、セラミドなどの保湿成分が使われているものを選ぶといいですよ。

 

また、最近では美容液と乳液のあいだのようなテクスチャでー、保湿成分をたっぷり含んだものも出ているので、色々ためしてみて下さいね。

 

 

乳液とクリーム、どっちを使うと効果的?

 

乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスです。

 

もしあなたが目元や口元の乾燥を防ぎたい場合は、クリームを使うと効果的ですよ。

 

クリームは、乳液よりも油分が多いので、肌の乾燥には打ってつけです。

 

 

必要な油分を補うために、どんなクリームを選んだらいい?

 

クリームを、肌の油分を補うために使う場合は、値段の高いものよりも、敏感肌用のシンプルなもので充分です。

 

クリームを選ぶときは、アトピー肌用のスキンケアのメーカーから選ぶと、肌にやさしく手ごろなものが見つかりやすいですよ。

 

 

また最近では、ベタつきが苦手な人のために、ジェル状の軽いテクスチャーのクリームが出ていますが、使っても油分は補えません。

 

油分を補いたいときは、コクのあるクリームを選ぶと効果的です。

 

 

実はクリームには、油分を補うためのものだけでなく、特別な美容効果をねらったものも出ています。

 

クリームに配合されている成分で、シワに有効なのはレチノールシミに効くのは油溶性甘草(かんぞう)エキスなどです。

 

これらの有効成分が入ったクリームは、値段がピンからキリまでありますが、選ぶときは5、000円~1万円のもので充分効果がありますよ。

 

 

スキンケアにオススメの乳液とクリーム

 

文章で説明すると、伝わりづらい点があるかもしれませんので、これから紹介する「おすすめの乳液とクリーム」を読んで、どんなものが今の自分に必要なのか参考にしてみてくださいね。

 

乳液

セラミドなどの保湿成分を配合した乳液がおすすめ。

ただし、皮脂の分泌量が充分な30代までは、必要以上に油分を与えないほうがいいので、乳液の中でも油分をあまり多く含まないものを選ぶのがポイント。

 

クリーム

●油分補給で使うなら……

敏感肌用のシンプルなものがよい。

アトピー肌向けのスキンケアラインから探すと、安心で手ごろな価格(1000~3000円程度)のものが見つかりやすい。

 

●特別な美容効果をねらうなら……

レチノール:ビタミンAの一種。線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンを増やす作用がある。

目元用のシワ対策クリームなどには、レチノールがほとんど含まれている。

 

油溶性甘草エキス(グラブリジン):

甘草という漢方薬から抽出させる美白成分。抗炎症作用を併せ持つ。

 

(引用元:正しいスキンケア事典)

 

 

まとめ

 

今回は、「乳液やクリームを使う目的と、何歳から必要なのか」についてお話ししました。

 

30代までの女性は、皮脂の分泌が充分あるので、乳液やクリームを使う必要はありません。

 

しかし、40代を迎えると、顔の必要な水分や油分が不足してくるので、それらを補う乳液やクリームが必要になってきます。

 

なので、乳液を使うときは、セラミドなどの保湿成分が配合されたものを選ぶのがオススメです。

 

もし、30代までの女性で乳液を使いたい人は、必要以上に肌に油分を与えないために、油分をあまり多く含まないものを選ぶといいですよ。

 

 

クリームは、油分を補うためのものと、アンチエイジング用のものがあります。

 

油分を補うためにクリームを使う場合は、敏感肌用のシンプルなものを選ぶと効果的です。

 

アンチエイジング用のものを選ぶときは、しわに有効なレチノール、シミに効く油溶性甘草エキスが配合されたクリームを選ぶと、効果が期待できますよ。

 

乳液やクリームは、どんなものを選べばいいか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

今回も、Nomore 顔のたるみの記事を読んでくださってありがとうございます。

顔のしわやたるみ改善に効果的なイチオシエイジング化粧品ランキング

Coyori(こより)美容液オイル

Coyori(こより)美容液オイル

厳選された4種の植物オイルと、20種の和漢・植物エキスで、モッチリしたハリを実感!

日本の女性の皮脂に合うように配合された100%天然・4種の植物オイルが、皮脂を補いふっくらとしたツヤ肌に導いてくれます。 さらに、20種の和漢・植物エキスが肌にハリとうるおいを与え、つい触りたくなるようなモッチリ肌を体験できます。

コンシダーマル スキンライズローション

コンシダーマル スキンライズローション

世界初の技術「ラメラテクノロジーR」を使用。

角質層の奥まで美容成分を浸透させ、ラメラ構造の乱れを整えます。ずっとうるおいが持続し、モチモチの赤ちゃん肌へ。

メディプラスゲル

メディプラスゲル

1本で化粧水、美容液、乳液、クリームの4役をしてくれる「オールインワン」だから、スキンケアが超簡単!

1300年前から美肌の湯として有名な「玉造温泉水」や、5種類のヒト型セラミドなどの66種類の美容成分のうるおいベールが、1日中あなたの肌を包み込みます。


30~40代の女性に人気のエイジング化粧品 評価一覧

30~40代の女性対象のエイジング化粧品を独自で評価し、総合得点でA++からB-までをー覧にしました。

 

 

 

 

当サイト人気No.1エイジングケア美容液

Coyori(こより)美容液オイル子より美容液オイル

厳選された4種の植物オイルと、20種の和漢・植物エキスで、モッチリしたハリを実感!

人気エイジングケア化粧品
サイト内検索
今月の注目記事
アクセスランキング参加中

あなたの応援クリックが記事更新の励みです

プロフィール
運営者:ももの
ももの
ご訪問ありがとうございます。

いつまでも肌がキレイで美しい女性を目指し、 アラサー女子のツヤ肌マスター「ももの」が、 美容にこだわり、楽しみながらキレイを目指すブログです★ どうぞよろしくお願いします(*^-^*)

もものの詳しいプロフィールはこちら
さらに詳しいプロフィール
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ